パーキン・エルマー社2400II

元素分析装置

元素分析装置

概要

有機化合物を構成する主要元素を、燃焼分解によって定量的にH2O、CO2、N2等に変換し、各成分を熱伝導度検出器を用いてC、H、N等の含有量を求めることが出来る。

装置の仕様・特色

本装置では、CHNの3元素または、CHNSの4元素の同時定量が可能である。

測定元素と分析時間: CHN (6分)、CHNS (8分)、O (4分)
キャリヤーガス: HeまたはArガス (CHN及びCHNSモード)
        He/H2混合ガス (Oモード)
燃焼管、還元管、熱分解管温度: 100~1100℃
分析範囲: C (0.001~3.6mg), H (0.001~1.0mg), N (0.001~6.0mg),
      S (0.001~2.0mg), O (0.001~2.0mg)

自己測定 依頼測定 学内 学外
設置年 2004
装置カテゴリ 元素分析(CHN)
適合分野 化学系
管理部局 自然生命科学研究支援センター
使用責任者

自然生命科学研究支援センター
小坂 恵 (内線 8747)

拠点

03. 自然生命科学研究支援センター  分析計測・極低温部門

共同利用について

利用にあたっての留意事項

学内外より依頼分析を受付けている。
(現在、自己測定利用は受け付けていません。)

費用負担

(H29年度)
依頼分析のみで、受け付けています。
 (学内)  1,100円/検体(標準測定)~
 (大学等) 1,600円/検体(標準測定)~
 (企業等) 3,700円/検体(標準測定)~

CHNS測定・特殊測定・追加測定の料金も設定しています。詳しくは、担当までお問合せ下さい。

http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/20170321_dia_fee_all.pdf
自己測定利用法

依頼分析のみで、運用しています。

管理責任者・監守者

<機器管理責任者>
 分析計測分野 小坂 恵 (内 8747)
<監守者(オペレータ)>
 分析計測分野 小林 元成 (内 7908)

利用方法や利用規程 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/dia/kitei_riyouyoukou.pdf
予約するお問い合わせ

依頼測定について

分析内容

専任オペレータが、燃焼法によりサンプル中のCHNまたはCHNSの組成を測定します。

標準測定:
 ほとんどの固体の化学合成物質のCHN測定
特殊測定:
 1) CHNS モードの測定
 2) 下記のような性状の試料の測定
   1. 液体試料、
   2. 空気中不安定な試料、
   3. 植物や土壌の試料、
   4. 燃焼条件を上げなければならない試料、
   5. CHN のバランス が悪い試料、
   6. ポリマー
   7. 活性炭等
追加測定 (精密条件検討測定):
 特別な測定法を必要とする試料は、事前にご相談下さい。

利用にあたっての留意事項

【必要試料量】
・固体サンプルは 10mg 以上、液体サンプルは 20mg 以上をご用意ください。
・試料は十分乾燥して下さい。
・容器は、静電気の発生しにくいガラス容器でお願いします。

【試料番号】
 サンプルには,試料名ではなく試料番号を付けてください。
 3 桁の研究室番号―2 桁の個人番号―3 桁の通し番号です。

初めて申込むとき は、予めお問い合わせください。

申込方法

初めてご利用の方は、オペレータまでお問合せください。

学内の方用、または学外の方用の分析依頼申込書をダウンロードし、記入押印の上、サンプルとともに分析計測分野職員室までご持参または郵送してください。

(学外の方)
年度の初回のご利用際に、利用者登録用紙の提出をお願いいたします。

設備NW参画校の方が、設備NWのWEB課金システムを使って支払いをされる場合は、利用者登録は不要です。

設備NWのURL:
https://chem-eqnet.ims.ac.jp/index.html

受付時間

受付:元素分析室(212号室)

 月・水曜日 10時~12時
 火・木曜日 10時~12時および
       13時~15時

返却:職員室(214号室)
 平日のできるだけ午後に取りに来てください
 
 ※装置のメンテナンスのため、予告なしに業務を中断することがあります。その際はご容赦ください。

支払方法

学内:
測定料金は四半期ごとに、7月・10月・1月・3月にまとめて請求いたします。3月の利用分は、次年度7月にまとめて請求いたします。
4月1日~12月末日までの測定分については、科学研究費補助金等でもお支払い可能です。但し、1~3月の測定分については、原則として科研費等は使えませんので、ご注意ください。

学外:
測定・解析が完了してから2-3週間ほど後に、「利用者登録用紙」の請求書送付先へ岡山大学から請求書を送付いたします。1ケ月以内に、銀行振込にてお支払いください。

設備NW参画校の方が、設備NWのWEB課金システムを使って支払いされる場合は、ご所属の設備NW担当事務を通して,四半期ごとに請求させていただきます。

料金

(H29年度)
学内:
 標準測定  1,100円/検体
 特殊測定*  1,500円/検体
 CHNS測定  1,800円/検体
 追加測定  3,000円/検体 (要事前相談)
学外(大学等):
 標準測定  1,600円/検体
 特殊測定*  2,000円/検体
 CHNS測定  2,300円/検体
 追加測定  4,500円/検体 (要事前相談)
*特殊測定: 液体、吸湿、空気中不安定、難燃、環境系試料等

学外(その他、企業等):
 標準測定  3,700円/検体
 特殊測定#  4,000円/検体
 追加測定  9,000円/検体 (要事前相談)
#特殊測定: 液体、吸湿、空気中不安定、難燃、環境系試料、CHNS測定等

申込用紙 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/measure/howtouse#documents
依頼測定の申込・お問合せ

設置場所

コラボレーションセンター 2階 212号室

212
内線:8741
Googleマップで見る