キーエンス 蛍光顕微鏡 BZ-9000他

タイムラプス計測システム

タイムラプス計測システム

概要

ハイクオリティー蛍光ボケ除去機能によって、共焦点レーザー走査顕微鏡に近い画像が取得できる。サンプルへの励起ダメージがほとんど無いため、長時間にわたるタイムラプス計測が可能である。

装置の仕様・特色

倒立型 蛍光位相差顕微鏡
・電動 XY ステージ ストローク 40×40 mm、最小 1μmピッチ
・電動 Z ステージ ストローク 8 mm、最小 0.1μmピッチ
・ハロゲンランプ 12V 100W
・超高圧水銀ランプ 120W
・カメラ部 撮像素子 2/3インチ 150万画素モノクロCCD(液晶フィルタでカラー化)
・出力信号 階調 モノクロ 12bit、モノクロ 8bit、RGB 各8bit
・記録画素数 最大4080×3072(1250万画素 高品質補間)

自己測定 学内 学外
設置年 2007
装置カテゴリ 顕微鏡(蛍光)
適合分野 生物学系
管理部局 自然生命科学研究支援センター
使用責任者

自然科学研究科 (理)
中越 英樹 (内線 7875)

拠点

03. 自然生命科学研究支援センター  分析計測・極低温部門

共同利用について

利用にあたっての留意事項

利用希望者は、利用許可を管理責任者から得た後、監守者または利用に習熟している使用者による使用方法等の講習を受けてから使用を開始すること。

費用負担

(H29年度)
自己測定(学内のみ): 75円/10分
自己測定(大学など): 125円/10分
自己測定(上記以外): 200円/10分

http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/20170321_dia_fee_all.pdf
自己測定利用法

管理責任者または監守者に申し出てください。操作指導を受けた方に、利用資格を承認します。

使用方法に習熟している者,およびその指導の下で使用すること。

設備NW予約システムへ登録し、予約をしてから、装置を使用する事。

管理責任者・監守者

<機器管理責任者・監守者>
 理学部生物学科 中越 英樹(内7875)

利用方法や利用規程 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/dia/kitei_riyouyoukou.pdf
予約するお問い合わせ

設置場所

コラボレーションセンター 2階 210号室

210
内線:8738
Googleマップで見る