沿革

沿革

本分野の前身は,平成9年4月に省令施設として設置された機器分析センターである。 当センターの設置にあたっては,大学院自然科学研究科を中心にその基礎5学部 (理学部,薬学部,工学部,環境理工学部,農学部)間で協議が重ねられ, 自然科学研究科から概算要求を続けることにより実現した。
機器分析センター発足にあたっては, 設立準備委員会が置かれ,学内科学計測機器の調査を行い,約20機種が共同利用機器として登録された。 センター職員は,センター長(併任)岩見基弘,助教授1名花谷正,助手3名,技官1名(各専任)で構成され, 職員室を自然科学研究科棟に間借りして,上記学内機器の共同利用の推進等についての業務を開始した。

平成 9年 省令施設として津島キャンパスに「機器分析センター」が組織された。
平成12年 コラボレーションセンターが竣工し、14室に 23機 の分析装置が、各部局により設置された。
平成14年 学内LANによる「機器予約システム」の運用開始。
平成15年 自然生命科学研究支援センターに統合され、分析計測・極低温部門、分析計測分野となった。
平成19年 化学系研究設備有効活用ネットワークに参加し、学内外に対して依頼元素分析を公開した。
平成22年 科学研究費等の助成金による利用料金支払い事務を整備した。
平成23年 学外利用のための事務手続きを整備した。
平成24年 他部局所管の汎用機器8台をセンターに移管し、専任技術スタッフを配備して直営する体制を敷いた。
機器予約システムを、「大学連携研究設備ネットワーク予約課金システム」へと全面移行した。
全学共同利用機器の要望調査を開始した。
平成28年 文部科学省「設備サポートセンター整備事業」に採択された。それに伴い全学を対象とした諸活動は、新たに設置された「設備・技術サポート推進室」へ移行させた。
岡山理科大学と「共同利用に関する覚書」を締結した。