アジレントテクノロジー社 G6520型+G4240型

HPLC-Chip/QTOF質量分析システム

HPLC-Chip/QTOF質量分析システム

概要

精密質量をベースにした構造解析や蛋白質、ペプチド、メタボライトの解析などが可能な高い分析性能を持ったQ-TOFシステムと、微小サンプルの高分離,高感度分析が可能なチップ方式のナノHPLCシステム(HPLC-Chipキューブ)を組み合わせたLC-MS/MSシステムです。

装置の仕様・特色

ポンプ: (ナノ) 0.1-1μL/min, (キャピラリ) 1-20μL/min
オートサンプラー: 注入量 0.01-40μL、
イオン化部: HPLC-Chip 直行型ESI
QTOF部: 測定質量範囲 m/z 25~m/z 20,000、 
     精確さ    <2ppm (m/z 609.2807, 100pg使用時)
     質量分解能 m/z 1522で16,000 (FWHM)
ADC式アナライザ: ダイナミックレンジ5桁以上

自己測定 依頼測定 学内 学外
設置年 2009
装置カテゴリ 質量分析
適合分野 化学系・生物系
管理部局 自然生命科学研究支援センター
使用責任者

自然生命科学研究支援センター分析計測分野 
多田 宏子(内8746) 

拠点

03. 自然生命科学研究支援センター  分析計測・極低温部門

共同利用について

利用にあたっての留意事項

自己測定利用は、数回訓練を受けて操作に習熟してから利用を許可しています。設備NW予約システムへの登録が必要です。
学外は依頼分析のみを受付けています。

費用負担

(H29年度)
 自己測定 (学内のみ): 1,000円/0.25時間
 依頼測定 (学 内):  1,750円/0.25時間
      (大学等):  2,100円/0.25時間
      (企業等):  4,000円/0.25時間

連続測定割引、プロテオーム解析等もあります。詳しくは、料金表を御覧ください。

http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/20170321_dia_fee_all.pdf
自己測定利用法

初めての研究室は、「申込・お問合せフォーム」からオペレータへご連絡ください。

利用資格者は、本学の教職員・大学院学生で、管理者が認めた者 (実地訓練の都合で、研究室あたりの人数を制限する場合があります。)

利用講習会(座学)と実地訓練を受講後、操作確認をさせていただいた後に、利用を承認します。
承認後は、設備NW予約システムへ利用者登録し、予定日の前日以前に利用予定を連絡してください、

管理責任者・監守者

<機器管理責任者>
 自然生命科学研究支援センター分析計測分野・教授
 多田 宏子 (内8746)
<監守者(オペレーター)>
 自然生命科学研究支援センター分析計測分野・技術職員
 塩川つぐみ (内8747)

利用方法や利用規程 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/dia/kitei_riyouyoukou.pdf
予約するお問い合わせ

依頼測定について

分析内容

質量分析装置は、分子をイオン化し、その質量数とイオン強度を測定することにより、物質の構造確認や同定および定量を行う装置です。少量の試料で、信頼性のある分子量を測定できます。さらに本装置はナノLCと四重極型とTOF型を組合わせたハイブリッド型質量分析部を有しているため、高分解能でのLC/MS/MS 測定を行う事も可能です。但し、エレクトロスプレーをイオン源としているため、極性の高い分子が測定対象となります。
当装置を用いた依頼分析を受け付けています。

主な分析例:
・トリプシン消化物を用いたタンパク質同定 (Mascot解析)
・タンパク質等の極性高分子の質量決定
・化合物・代謝物(精製品)の構造解析 (MSMS測定)
・合成化合物(精製品)の精密質量測定 (リファレンス測定)
・化合物・代謝物の定量 (LC/MS測定)など

利用にあたっての留意事項

・低極性分子や測定妨害物質を含む場合は、測定しても目的分子が検出できません。目的分子の性質、サンプルの純度、サンプル調整の経過が、測定に大きな影響を及ぼしますので、初めてのご利用の前に、測定方法についてご相談ください。

・単純なタンパク質同定、高純度化合物の精密質量分析、ルーチン定量以外の分析では、解析時に立会いをお願いいたします。また、測定終了後、報告までに時間がかかる場合がありますが、ご了承ください。

・感染性・放射性のサンプル、危険性有害性のため特別な取り扱いが必要なサンプル、倫理的・法的に問題があるサンプルはお取り扱いできません。

※装置メンテナンスのため、予告なしに業務を中断することがあります。その際はご容赦ください。

申込方法

初めてご利用の方は、オペレータまでお問合せください。

学内の方用、または学外の方用の分析依頼申込書をダウンロードし、記入押印の上、サンプルとともに分析計測分野職員室までご持参または郵送してください。

(学外の方)
年度の初回のご利用際に、利用者登録用紙の提出をお願いいたします。

設備NW参画校の方が、設備NWのWEB課金システムを使って支払いをされる場合は、利用者登録は不要です。

設備NWのURL:
https://chem-eqnet.ims.ac.jp/index.html

受付時間

試料と申込用紙の受付:
 平日 AM 9:30~PM 5:00 (分析計測分野204号室)

測定相談、即時測定・立会い測定が必要な場合は、オペレーターへメール等であらかじめ日時をご相談ください。

支払方法

学内:
測定料金は四半期ごとに、7月・10月・1月・3月にまとめて請求いたします。3月の利用分は、次年度7月にまとめて請求いたします。
4月1日~12月末日までの測定分については、科学研究費補助金等でもお支払い可能です。但し、1~3月の測定分については、原則として科研費等は使えませんので、ご注意ください。

学外:
測定・解析が完了してから2-3週間ほど後に、「利用者登録用紙」の請求書送付先へ岡山大学から請求書を送付いたします。1ケ月以内に、銀行振込にてお支払いください。

設備NW参画校の方が、設備NWのWEB課金システムを使って支払いされる場合は、ご所属の設備NW担当事務を通して,四半期ごとに請求させていただきます。

料金

(H29年度)
学内:
 プロテオーム解析       14,000円/検体
 特殊測定・条件検討測定
     0〜5時間まで    1,750円/0.25時間
   連続5〜10時間分に対し  1,400円/0.25時間
   連続10時間以降分に対し 1,000円/0.25時間

学外(大学等):
 プロテオーム解析       20,000円/検体
 特殊測定・条件検討測定
      0〜5時間まで     2,100円/0.25時間
   連続5時間以降分に対し   1,750円/0.25時間

学外(上記以外):
 プロテオーム解析        30,000円/検体
 特殊測定・条件検討測定
      0〜5時間まで     4,000円/0.25時間
   連続5時間以降分に対し   3,500円/0.25時間

・バイアル使用時は、100円/バイアルを別途ご負担ください。

申込用紙 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/measure/howtouse#documents
依頼測定の申込・お問合せ

設置場所

コラボレーションセンター 3階 312号室

312
内線:8751
Googleマップで見る