大阪精密 CLP-35

CNC精密表面形状測定機

CNC精密表面形状測定機

概要

トランスミッションなど高負荷の動力伝達装置で使用される歯車の歯形、歯スジ、ピッチ、偏心を測定。外径350mmまで。

装置の仕様・特色

モジュール 0.5~12mm、歯数 10~500、
基礎円径 最大300mm、歯先円径 最大350mm、
歯幅 最大400mm、ねじれ角範囲 ±65度の歯車の測定が可能。

自己測定 学内 学外
設置年 1997
装置カテゴリ 9.専用測定装置
適合分野 物理学系
管理部局 自然科学研究科(工)
使用責任者

自然科学研究科
藤井 正浩
(内線 8035)

拠点

03. 自然生命科学研究支援センター  分析計測・極低温部門

共同利用について

利用にあたっての留意事項

依頼測定は不可。設備管理者が常駐していないため、使用責任者の指示に従ってください。

費用負担

使用時間に応じた費用負担

自己測定利用法

利用資格:  監守者の取扱説明を受けた者。
利用の申請: 監守者に直接申し出る。

管理責任者・監守者

工学部機械工学科教授 藤井正浩(内8035)

利用方法や利用規程 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/dia/kitei_riyouyoukou.pdf
予約するお問い合わせ

設置場所

コラボレーションセンター 1階 101号室

101
内線:8737
Googleマップで見る