Talor Hobson社製 Talyscan他

超精密現象デジタル解析装置

超精密現象デジタル解析装置

概要

三次元表面形状をスタイラスにより測定し,さまざまなパラメータにより表面特性を解析する.

装置の仕様・特色

最大測定領域: 1mm x 1mm
垂直分解能:  0.1um

自己測定 学内
設置年 2002
装置カテゴリ 9.専用測定装置
適合分野 物理学系その他(機械系)
管理部局 自然科学研究科(工)
使用責任者

自然科学研究科
大橋 一仁
(内線 8041)

拠点

03. 自然生命科学研究支援センター  分析計測・極低温部門

共同利用について

利用にあたっての留意事項

利用方法等について指導を受ける必要あり。予約制。

費用負担

現在無償で依頼測定に応じている。訓練を受けた利用者には開放している。

自己測定利用法

利用資格:  利用方法等について指導を受ける必要あり。現在のところ,使用料負担無し。
利用の申請:監守者に申し出る。

管理責任者・監守者

【管理責任者】 自然科学研究科(工) 藤井正浩 (内線8035)
【監守者】   自然科学研究科(工) 大橋一仁 (内線8041)

予約するお問い合わせ

設置場所

コラボレーションセンター 1階101号室

101
内線:8737
Googleマップで見る