島津, QP2020 Plus

ガスクロマトグラフ質量分析装置(高性能気液相導入質量分析装置)

ガスクロマトグラフ質量分析装置(高性能気液相導入質量分析装置)

概要

イオン化法:EI, 質量分析部:四重極型
有機合成化合物や動物植物由来の生体物質などの低分子試料をガスクロマトグラフィー(GC)で分離して質量分析を行う装置。ライブラリーデータを用いて、類似のマススペクトルを有する化合物の検索が可能です。特定の化合物の定量分析も可能です。

装置の仕様・特色

定可能質量範囲  m/z 1.5 - 1,090
ますフィルター:プリロッド付き高精度四重極
質量分解能  2M以上 (FWHM)
最大スキャンスピード 10,000 u/sec
感度 オクタフルオロナフタレン 1pg、S/N≧160  m/z 272

自己測定 学内
設置年 2009
装置カテゴリ 分離分析装置、流れ分析装置
適合分野 化学系
管理部局 自然生命科学研究支援センター
使用責任者

環境生命科学研究科(農) 
神崎 浩(内線 8297)

拠点

03. 自然生命科学研究支援センター  分析計測・極低温部門

共同利用について

利用にあたっての留意事項

設置管理者が常駐していないので、使用責任者の指示に従うこと
依頼測定は基本的には不可、訓練を受けてもらう必要あり

費用負担

(H30年度~)
 自己測定
  (学内):600円/1試料 
 依頼分析については、検討中です。ご相談ください。

自己測定利用法

設備ネットワークで予約後、使用すること。新規の利用希望者は、管理責任者へご相談ください。

管理責任者・監守者

【管理責任】
 環境生命科学研究科(農) 神崎 浩(内線 8297)
【監守者】
 環境生命科学研究科(農) 中村 俊之(内線 8310)

利用方法や利用規程 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/dia/kitei_riyouyoukou.pdf
予約するお問い合わせ

設置場所

自然科学研究科棟4F405号室

312
内線:8751
Googleマップで見る